Staff運営スタッフ

<代表責任者>
小溝 崇史 (医師 こみぞ眼科院長)

まだ一つに決められずに色々なスポーツをしてみたい小学生、部活に入っているけどたまには違うスポーツをしたい中学生、勉強の合間にふらっとスポーツがしたくなったけど友達がなかなか集まらない高校生、PTAバレーボール大会に出たいからちゃんと練習してみたいお母さん。こどもにスポーツさせてあげたいけど、共働きだから入れてあげられないと悩む親御さん。そんな想いを叶えるためにこのクラブを設立しました。 都城の様々な人が、色んなスポーツを気軽に楽しめる、そんな環境を作るお手伝いができたら良いなと考えています。よろしくお願いします。

<総合アドバイザー>
山田 一久 (社会福祉法人スマイリング・パーク 理事長、日本体育協会 公認指導者)

スポーツ先進国と言われるヨーロッパの多くの国では、スポーツを学校教育の一環として行うのではなく、ごく普通に楽しむ事を大切にしています。それも「生涯にわたって楽しむもの」という文化が定着しているので、決して「勝ち負け」を競ったりする事を優先するような厳しさはありません。スポーツに携わる誰もが、普通の暮らしの中で体を動かしスポーツを楽しんでいるのです。
子ども達は、育ってきた環境が違うと同時に考え方もそれぞれ違うのが当たり前です。多少的外れだと思われるような発言(質問や意見)であっても、「Cielo」の指導者たちは「どういう思いがあって子ども達がそれを言ったのか?」を掘り下げて理解しようと努めます。これまでの「企業」「学校」「組織」にとらわれない、いつでも、どこでも楽しめるスポーツクラブとなるべく、関係する皆さまと共に子ども達の未来を創造していきたいと思います。よろしくお願い致します。

<チームディレクター>
川村 泰弘 (都城スポーツクラブCielo専属)

昔は、田んぼの手伝いをしたり、野原で駆け回ったり、自然と足腰が鍛えられていました。でも今の子は、ゲームやテレビを見てばかりで、外で遊ぶ機会も減っています。
運動が嫌い、体を動かすことが苦手、そんな子供達にも、運動の楽しさを知ってもらいたい!丈夫な子供に育ってほしい!そんな気持ちで子供達に接しています。タグラグビーはとても面白くて安全なスポーツです。是非楽しくやりましょう。

<フィジカルチーフアドバイザー>
宇田 高明 (Personalsトレーニング代表)

様々な経験をする大切な時期に、いろいろな「体験」をすることは、とても大切です 「Cielo」では、からだとこころを育てる「体験」を、おすすめしています。成長する一番重要な時期を逃さず、一つの専門種目だけではなく、あそびを含めた 多種多様な動きを取り入れることを目標にしています 運動を通して自ら考え自ら行動をする こどもたちのお手伝いをしたいとかんがえています。よろしくお願いします。

<タグラグビー担当コーチ>
川村 和弘

<部員総合ケア・バレーボール担当コーチ>
水久保 聖菜 (都城スポーツクラブCielo専属)

<代表役員>
鵜島 智久 / 菓子野 英樹 / 高野 和孝 / 肥後 大輔

TOP